本部長行事等

佐賀東信用組合に対する感謝状贈呈(平成29年8月25日)

DSC_0011.JPG DSC_0013.JPG DSC_0021.JPG

8月25日、高齢者に対するニセ電話詐欺被害防止のため、ATMの振込機能に利用制限を導入した佐賀東信用組合に対して、本部長感謝状が贈呈されました。

ATM振込制限の導入は県内初であり、本年8月8日から、70歳以上で過去3年以上ATMによる振込実績のない顧客を対象に、上限を1,000円とした振込制限の運用が開始されています。 

警察協力章の伝達(平成29年7月28日)

 DSC_0010.JPG DSC_0015.JPG DSC_0021.JPG

7月28日、佐賀県警察本部において、平成29年警察協力章の伝達式を行いました。

警察協力章は、長年にわたり防犯、交通、犯罪鑑識等の分野の警察業務に協力され、多くの功績を挙げられた警察部外の方に警察庁長官が感謝の意を表するものです。

県内では、警察学校の茶道講師として29年間協力された服部小夜子氏が受章されました。 

平成29年増田慰霊祭の開催(平成29年7月23日)

 DSC_0050.JPG DSC_0071.JPG DSC_0114.JPG

7月23日、唐津市肥前町高串地区の漁民センターにおいて、明治時代にコレラの防疫活動に従事し殉職された増田敬太郎巡査の遺徳を偲び、その崇高な志を受け継ぐために「増田慰霊祭」を執り行いました。

増田巡査は、日清戦争直後の明治28年7月、高串地区で猛威を振るっていたコレラから人々を救うため不眠不休で防疫活動に従事する中、自らもコレラに感染し、着任4日目に25歳の若さで職に殉じられました。

増田巡査は、全国で唯一、「警神」として増田神社に祭られ、その偉業は今もなお高串地区の人々によって連綿と語り継がれています。

慰霊祭には、増田家御遺族を始め約100人の方々にご参列いただき、近海の小島に建立された「荼毘の碑」に向かって船上から献花を行い、式典を終了しました。 

平成29年度佐賀県警察逮捕術大会(平成29年7月19日)

大会会長挨拶.JPG 選手宣誓.JPG団体一部(女子).JPG 団体表彰.JPG

7月19日、佐賀県総合体育館において、警察官の職務執行に必要な術科技能の向上を図ることを目的として「平成29年度佐賀県警察逮捕術大会」を開催しました。

大会では各所属対抗の団体戦と若手警察官による個人戦(男子、女子)を行い、約180人の選手が白熱した試合を繰り広げました。

本部長は、「本日の大会で発揮した旺盛な気力と高い技術を発揮して、日々の業務の中で成果を挙げてもらいたい。」と講評しました。 

佐賀南警察署落成式の挙行(平成29年5月26日)

南署落成式.jpg 南署落成式2.jpg

5月26日、佐賀南警察署において、「佐賀南警察署落成式」を挙行しました。

佐賀南警察署は、佐賀県警察の歴史の中で、昭和29年に現行警察法が施行されて以降、初めて新設された警察署であり、平成17年から始まった警察署再編整備計画の総仕上げとして、佐賀市を管轄していた旧佐賀警察署と旧諸富警察署の業務負担を平準化するとともに、警察力を強化するため建設されたものです。

落成式には、地元の皆様をはじめ約100人の方に御列席いただき、佐賀県知事、九州管区警察局長、佐賀県議会議長及び佐賀市長から御祝辞をいただくなど盛大な落成式を執り行うことができました。佐賀南警察署員も「治安の礎、そして魁として、新たな歴史を築いていく」と決意を新たにし、式典を終了しました。

平成29年春の叙勲受章者による受章挨拶(平成29年5月12日)

 H29.5.12春叙勲受章挨拶 004.JPG H29.5.12春叙勲受章挨拶 005.JPG 

5月12日、佐賀県警察本部において、「平成29年春の叙勲受章者による受章挨拶」が行われました。

叙勲は、国家又は公共に対する功労のある方に授与される勲章であり、「旭日章は、功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた方」、「瑞宝章は、公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方」に対して授与されます。

5月10日、皇居において春の叙勲受章式が執り行われ、本県からは、

愛野克明氏「旭日小綬章」

中嶋一誠氏「瑞宝小綬章」

が受章され、佐賀県警察本部長に対して受章の挨拶がなされました。 

第28回危険業務従事者叙勲勲章伝達式(平成29年5月10日)

 DSC_0051.JPG DSC_0013.JPG    

5月10日、佐賀県警察本部において、「第28回危険業務従事者叙勲受章者に対する勲章伝達式」を行いました。

危険業務従事者叙勲は、警察官・自衛官など著しく危険性の高い業務に従事し、国家又は公共に対する功労のある方に授与される勲章です。

伝達式では、元本県警察官16人の方に勲記及び勲章(瑞宝双光章12人、瑞宝単光章4人)を伝達しました。 

佐賀県警察学校初任科入校式(平成29年4月5日)

 入校式1 入校式2

4月5日、佐賀県警察学校において、佐賀県知事や佐賀県議会議長、佐賀地方検察庁検事正等の来賓をはじめ、入校生家族等多数の参加のもと、初任科短期課程第74期(33人)、同長期課程第261期(41人)及び一般職員初任科第29期(7人)の入校式を挙行しました。

本部長は、入校生に対し、「警察は誰のためにあるのか、何のためにあるのかをしっかりと考えてほしい」、「県民の安全・安心を守るために、努力を怠らないでほしい」などと訓示し、明日の佐賀県の治安を担うため、法令をはじめ職務執行に必要な基礎的知識・技能の修得と職務に耐え得る気力及び体力の錬成に全力で取り組むよう指示しました。

佐賀県警察学校初任科短期課程第73期卒業式(平成29年3月27日)

 卒業式1 卒業式2

3月27日、佐賀県警察学校において、初任科短期課程第73期16人の卒業式を挙行しました。

本部長は、卒業生に対し、「県民からは一人の警察官と見られ、また、部内からは一戦力として期待されていることを自覚して、真摯に職務に邁進すること」などと訓示し、県下5警察署に配置される卒業生を激励しました。 

駐在所勤務員配偶者表彰(平成29年2月9日)

DSC_0010.JPG DSC_0042.JPG

2月9日、駐在所勤務員配偶者表彰を実施しました。
この表彰は、駐在所等で勤務員とともに長年(10年又は20年で表彰)同居しながら、警察活動に協力援助の功労が顕著であり、かつ地域住民から信望を得ている者に対し表彰を行っているもので、平成28年度の表彰該当者1人(10年表彰)に対して、本部長感謝状と記念品を贈呈し、これまでの労をねぎらいました。
                    

佐賀県暴力団排除関係機関・団体連絡協議会(平成29年2月8日)

 DSCF1171.JPG DSCF1177.JPG

2月8日、「佐賀県暴力団排除関係機関・団体連絡協議会」を開催しました。
協議会では、本部長が「社会全体での暴力団排除活動を継続していくことが必要不可欠であり、取締りと暴力団排除活動を両輪とした総合的な暴力団対策を更に強化していく。」と挨拶した後、業界団体等が暴力団排除に向けた取組を発表しました。
また、佐賀県弁護士会民事介入暴力特別対策委員会委員長から、過去の裁判例などを紹介しながら、暴力団排除条項の活用と重要性について講演が行われました。     

佐賀県警察女性警察官の活躍推進セミナー(平成29年2月3日)

写真:本部長挨拶.JPG 写真:シンポジウム開催状況.JPG

2月3日、佐賀市のアバンセホールにおいて、女性警察官約110名、幹部職員等約60名が参加し佐賀県警察女性警察官の活躍推進セミナーを開催しました。

このセミナーは、女性警察官の採用開始から25周年の節目を迎えるに当たり、女性警察官の更なる活躍を図ることを目的として開催したもので、佐賀県公安委員会委員である吉冨啓子氏と女性警察官第一期生である桒原警部の講演のほか、パネルディスカッション等を行いました。

本部長は、「県民の安全安心を確保するためには、女性の視点を始めとする様々な視点から課題に対処し、治安情勢の変化に柔軟に対応する必要がある」と挨拶しました。 

防犯・交通安全等の地域安全活動の推進に関する覚書調印式の開催について(平成29年2月3日)

DSCN0555.JPG DSCN0539.JPG

2月3日、佐賀県警察本部において、一般社団法人佐賀県薬剤師会と佐賀県警察との「防犯・交通安全等の地域安全活動の推進に関する覚書調印式」を行いました。

県警察では、県内約500の薬局と連携し、防犯や交通安全などの地域の安全に関する活動を推進することにより、犯罪や交通事故等の発生を抑制し、県民が安全で安心して暮らせる佐賀県の実現を目指します。 

第34回「県民と警察のつどい」~佐賀県警察音楽隊定期演奏会~(平成29年1月28日)

DSC_01561.jpg DSC_01791.jpg

DSC_02531.jpg DSC_03321.jpg

1月28日、佐賀市文化会館中ホールにおいて、 第34回「県民と警察のつどい」~佐賀県警察音楽隊定期演奏会~を開催しました。

このつどいは、警察に対する県民の皆様の日頃の御支援に感謝し、県民と警察との一層の交流を深めることを目的として、昭和56年から開催しており、今回は、県警音楽隊の演奏のほか、ゲスト団体として佐賀女子短期大学付属佐賀女子高等学校の皆さんの合唱、長崎県警察音楽隊の皆さんの演奏、両県警察音楽隊による合同演奏など音楽の魅力あふれるステージとなりました。

展示コーナーを含め、約1,000人の方に御来場いただき、盛況のうちに幕を閉じることができました。ありがとうございました。

佐賀県警察学校初任科長期課程第260期卒業式(平成29年1月27日)

 DSC_0103.JPG DSC_0166.JPG

1月27日、佐賀県警察学校において、佐賀県公安委員会委員長をはじめ、来賓、卒業生の御家族等多数の出席のもと、初任科長期課程第260期22人の卒業式を挙行しました。
本部長は、卒業生に対し、「県民のための警察」と「県民の期待と信頼に応える力強い警察」のほか、佐賀県警察の一員として、若者らしく、積極的に職務に取り組むことを訓示し、県下8警察署に配置される卒業生を激励しました。   

県下警察署長会議(平成29年1月13日) 

P1100724.JPG P1100728.JPG

1月13日、「県下警察署長会議」(警察本部、約60人)を開催しました。
本部長は、県内における人口10万人当たりの人身交通事故発生件数が、5年連続で全国ワースト1である現状に触れ、悲惨な交通事故を1件でも減らすため、関係機関、団体等と連携し、県民の交通安全意識を高める取組を更に強化していくことを強調しました。

また、刑法犯認知件数の減少傾向が続く一方で、県内のニセ電話詐欺の被害額が2年連続して過去最悪を更新していることから、これまでの対策の効果検証を行い、被害防止対策の抜本的強化に取り組む考えを示しました。 

平成29年佐賀県警察年頭視閲式(平成29年1月13日)

本部長訓示2.JPG 白バイ訓練.JPG

1月13日、佐賀県総合運動場において、精強な県警察の姿を県民の皆様に披露するとともに、警察職員の厳正な規律の保持と士気の高揚を図ることを目的として、「平成29年佐賀県警察年頭視閲式」を開催しました。
式典には、厳しい寒さの中、警察官等約310人や警察車両等が参加し、警務部長(指揮官)指揮の下、本部長(視閲官)の部隊巡閲を受けた後、部隊と車両の行進、白バイ隊員による訓練を披露しました。
また、来賓である佐賀県知事、佐賀県議会議長及び佐賀地方検察庁検事正から御祝辞をいただきました。
 

平成29年本部長年頭訓示(平成29年1月4日)

本部長.JPG 出席者.JPG

1月4日、警察本部において、本部長が幹部職員約200人に対し、年頭訓示を行いました。
本部長は、「県警察の総力を挙げて、更に高いレベルの安全安心を目指していく」とした上で、「治安課題の解決・改善に向けた的確な目標設定とその達成に向けた警察リソースの効果的かつ合理的な活用」、「事件・事故等に迅速かつ的確に対応するための現場執行力の向上」「超過勤務を抑制しつつ仕事の成果を上げる働き方の実現」の3点について指示しました。
 

犯罪被害者支援フォーラム2016(平成28年12月3日) 

 DSC01833.JPG DSC01876.JPG

 DSC01940.JPG

12月3日、佐賀市のアバンセホールにおいて、佐賀県警察本部等が主催する「犯罪被害者支援フォーラム2016」を開催しました。
同フォーラムは、毎年県民全体で被害者を支える気運の醸成を目的として開催するもので、最愛の娘さんを殺害された熊本県の清水誠一郎さんの講演を行いました。また、県内の中学生・高校生が被害者や御遺族の話を聞き、「命の大切さ」について思いを綴った作文コンクールの表彰式のほか、佐賀北高等学校書道部による揮毫(きごう)披露を行いました。
本部長は、「本日のフォーラムを契機として、本日御参加いただきました皆様から、被害者や御遺族への支援の輪が更に広がりますことを心から祈念します。」と挨拶しました。 

大規模災害対応(機能移転等)訓練(平成28年11月15日)

DSCN0468.JPG DSCN2018.JPG

11月15日、大規模災害対応(機能移転等)訓練を実施しました。
同訓練では大規模地震発生により警察本部庁舎が一部損壊したとの想定に基づき、災害警備本部機能を交通機動隊に移転する訓練及び移転後の災害警備本部を運用する訓練を実施しました。
昨年実施した同訓練に比べ、機能移転にかかる時間が短縮するなどの効果を体感できる有意義なものとなりました。
しかし、部隊毎の情報共有が円滑に進まない場面もあったことから、今回の訓練の反省点等を抽出して検討を重ねるとともに、今後も各種訓練を通じて災害対処能力の向上に努めていきます。 

特別取締りチーム出発式(平成28年11月14日) 

写真①.JPG 写真②.JPG
11月14日、「特別取締りチーム出発式」を実施しました。
佐賀県では、「平成32年までに人身交通事故の発生件数を5,900件以下にする」という目標を掲げ、目標達成のため、本年の人身交通事故の発生件数を7,900件以下に設定し、様々な取組みを実施しているところです。
これから年末にかけては、交通事故が増加する傾向にあり、今回、「特別取締りチーム」を結成し、悲惨な交通事故の発生を未然に防止する活動を展開していくこととしています。

非行少年を生まない社会づくりの推進(居場所づくり活動)(平成28年11月12日)

DSCF4236.JPG DSCF4262.JPG

佐賀県警察では、平成16年から、少年の立ち直り支援を目的として、様々な悩みや問題を抱える少年等とお菓子や物作り、農業体験、スポーツ交流等の体験活動を通じて触れ合う「居場所づくり」活動を実施しています。
平成28年11月12日に、多久市南多久町の旧南部小学校(通称わだち)において、春に苗植えをして成長したもち米の稲刈りを行い、少年や保護者、地域の皆さん、大学生ボランティアなど総勢63人が参加しました。
本部長は、少年やボランティアと語り合いながら稲刈りを体験し、参加者には笑顔が広がっていました。 

第27回危険業務従事者叙勲勲章伝達式(平成28年11月9日)

叙勲2.JPG 叙勲3.JPG

11月9日、佐賀県警察本部において、「第27回危険業務従事者叙勲受章者に対する勲章伝達式」を挙行しました。
危険業務従事者叙勲は、警察官、自衛官など著しく危険性の高い業務に従事し、国家又は公共に対する功労のある方に授与される勲章です。
今回は、元本県警察官15人の方が受賞(瑞宝双光章9人、瑞宝単光章6人)されました。

 平成28年度佐賀県警察逮捕術大会(平成28年10月26日)

会長挨拶.JPG 試合男子1.JPG

10月26日、佐賀県総合体育館において、警察官の職務執行に必要な術科技能の向上を図ることを目的として「平成28年度佐賀県警察逮捕術大会」を開催しました。

大会では各所属対抗の団体戦と若手警察官による個人戦(男子、女子)を行い、約180人の選手が白熱した試合を繰り広げました。
本部長は、「本日の大会で発揮した旺盛な気力と高い技術を活かして、日々の業務の中で成果を挙げてもらいたい。」と訓示しました。

 佐賀県安全運転管理者大会の開催(平成28年10月20日)

 DSCN0273.JPG DSCN0267.JPG

10月20日、佐賀市文化会館において、第40回佐賀県安全運転管理者大会が開催されました。本大会は、事業所における「安全運転管理の徹底」と「職場ぐるみの交通安全意識の高揚」を図ることを目的として開催されています。
本部長は、「県内では、多くの事業所において、交通事故防止のための様々な取組を行っていただいております。それらの取組が、事業所内に留まらず、ご家族や地域社会全体へと広がり、県民の皆さまが交通ルールを守り、安全な道路利用を心掛けていただくことを強く望んでいます。」と述べました。

犯罪被害者等支援団体に対する賛助金の交付(平成28年10月14日)

DSC01676.JPG DSC01675.JPG

10月14日、犯罪被害者等への相談活動や被害者支援に関する広報啓発事業を行っている民間犯罪被害者等支援団体の佐賀VOISS(ボイス)に対し、本部長から、警察職員等の賛助金約75万円を交付しました。

交付式では、本部長と同団体の理事長が懇談し、警察と民間犯罪被害者等支援団体の連携の必要性等について再確認するとともに、市町における途切れのない支援の構築に向けた取組について意思統一を図りました。

理事長から、「活動に御賛同いただきありがとうございます。賛助金等については被害者の方々の支援に役立てていきます。」と謝辞がありました。 

佐賀県殉職警察官慰霊祭の挙行(平成28年10月12日)

DSC_0078.jpg DSC_0077.jpg

10月12日、佐賀県警察学校において佐賀県殉職警察官慰霊祭を挙行し、御遺族、御来賓、警察職員など約130人が参列しました。
式では、防疫活動、犯罪捜査、治安警備などに従事中に殉職された方々の御霊の御冥福をお祈りするとともに、その崇高な警察精神を受け継ぎ、治安維持に一層邁進して、県民の期待と信頼に応えていくことを固く誓いました。 

平成28年度佐賀県原子力防災訓練(平成28年10月10日)

DSCN0421.JPG 007.jpg

10月10日、平成28年度佐賀県原子力防災訓練に参加しました。
同訓練では地震発生により玄海原子力発電所において緊急事態が発生したとの想定に基づき、警察、自治体、消防、自衛隊等の関係機関が連携して住民の避難誘導、避難所運営訓練等を行いました。また、唐津警察署の駐在所員が警備艇で離島に渡り、島民を避難誘導する訓練も実施されました。
佐賀県警察は隣接県である福岡県警察、長崎県警察との連携を強固なものにしていくとともに、本訓練の実施結果について更に分析・検討を重ね、原子力災害対策を万全なものとしていきます。 

佐賀県警察学校初任科短期課程第73期入校式(平成28年10月6日) 

写真(本部長).JPG 写真(学生).JPG

10月6日、佐賀県警察学校において、佐賀県公安委員会委員長をはじめ、来賓、入校生の御家族等多数の参加のもと、初任科短期課程第73期(17人)の入校式を挙行しました。

本部長は入校生に対し、「県民のための警察」と「県民の期待と信頼に応える力強い警察」について訓示し、明日の佐賀県の治安を担うため、警察官としての職責を自覚し、法令をはじめ職務執行に必要な基礎的な知識・技能の習得と職務に耐え得る気力、体力の錬成に全力で取り組むよう訓示しました。 

ページ上部へ

ごろうくん

佐賀県警察本部

〒840-8540 佐賀市松原1丁目1番16号

TEL 0952-24-1111  詳細地図はこちら

このホームページで公開されている情報の利用に関する著作権・リンクについて【佐賀県警察ウェブサイト利用規約】

警察署トピックス

佐賀南 佐賀北 神埼 鳥栖

小城 唐津 伊万里 武雄

白石 鹿島