佐賀県公安委員会

本文へ移動

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す青色に変更する黒色に変更する

language

平成31年1月25日(金)公安委員会定例会

平成31年1月25日(金)に開催した定例会において、佐賀県警察から次の事項について報告・説明があり、これを受けて審議を行いました。

定例会の冒頭、委員長が、以下の指示等を行った。

  • 関係機関との連携による暴排活動について
    今月の定例会で、元暴力団事務所の再取得防止への取組結果の報告を受けました。県警察が、暴力団の影響下にある元暴力団事務所の競売情報を入手したことから、県弁護士会や県暴追センター等との連携を図り、土地建物が所在する唐津市に対して、取得に関する協力依頼を行ったところ、唐津市がこれに応じて落札したということでした。報道によると、市の担当者は「市民の安全安心のため、確実に取得できる額を提示した。」と述べており、地元住民も「ようやく安心して生活できる。」と話すなど、関係機関との連携が上手く図られた暴排活動の一つだったのではないかと思います。現行の暴排条例では、不動産競売に関する暴力団排除の規制がないため、今回のような措置が図られたと思いますが、今後も県民の安心安全の確保に資する効果的な暴排活動を推進していただきたい。
  • 県民の交通マナーの更なる向上に向けて
    先週、平成30年中の県内における交通事故の発生状況が公表されました。
    佐賀県の人口10万人当たりの人身交通事故件数は、前年比15.0%減の694.8件であり、暫定で、昨年に引き続きワースト2位の見込みということでした。佐賀県の交通情勢が、依然として厳しい現状にあることが明らかとなったわけです。ただ、人身交通事故件数は、前年比15.4%減で5年連続の減少を示し、死者数も前年比6人減の30人で平成以降最少となったほか、「県交通安全対策会議」の5か年計画で「2020年までに人身交通事故を年間5,900件以下」とする目標設定を2年前倒しで達成(5,725件)するなど、関係機関が一丸となって取り組んだ様々な施策の効果が、少しずつ出てきているのではないかと思います。本年も、県民の交通マナーの更なる向上を図るため、各種取組を不断に継続していただきたい。 

1.報告事項

平成30年中における被疑者取調べ適正化のための監督の実施状況について

警察から、平成30年中における被疑者取調べ適正化のための監督の実施状況について、監督の実施状況、指導教養の実施状況等の説明がなされた。 

公文書・個人情報開示請求の取扱状況(平成30年10月~12月)について

警察から、公文書・個人情報開示請求の取扱状況(平成30年10月~12月)について、取扱状況、対象となった主な文書等の説明がなされた。 

監察業務報告(平成30年10月~12月)について

警察から、監察業務報告(平成30年10月~12月)について、監察実施状況、懲戒処分等の状況等の説明がなされた。
委員が、「職員に対するハラスメント防止の指導教養を徹底してもらいたい。」旨の発言を行った。 

平成30年中における刑法犯の認知状況について

警察から、平成30年中における刑法犯の認知状況について、全刑法犯の認知状況、警察署別の認知状況等の説明がなされた。
委員が、「本年も各種犯罪の抑止に努めてもらいたい。」旨の発言を行った。 

平成30年中における刑法犯等の検挙状況について

警察から、平成30年中における刑法犯等の検挙状況について、刑法犯の検挙状況、各種別の検挙状況等の説明がなされた。 

死体遺棄事件被疑者の検挙について

警察から、死体遺棄事件被疑者の検挙について、事案の概要、捜査の経過等の説明がなされた。 

強制わいせつ未遂事件被疑者の検挙について

警察から、強制わいせつ未遂事件被疑者の検挙について、事案の概要、捜査の経過等の説明がなされた。 

平成30年中における交通事故の発生状況について

警察から、平成30年中における交通事故の発生状況について、月別交通事故発生状況の推移、追突事故の特徴等について説明がなされた。
委員が、「今年も関係機関と連携した各種取組を図り、ワーストレベル脱却のために努力してもらいたい。」旨の発言を行った。

2.その他

運転免許の行政処分予定者に対する意見の聴取(聴聞)結果と行政処分について

警察から、運転免許の行政処分予定者に対する意見の聴取(聴聞)結果と行政処分について、違反の概要、量定案等の説明がなされ、審議の上、決裁した。

平成30年12月におけるストーカー規制法に基づく警告等の実施状況等について

警察から、平成30年12月におけるストーカー規制法に基づく警告等の実施状況等について、事案の概要、警告等の実施状況等の説明がなされた。 

平成30年中における特定秘密の保護に関する法律に係る適性評価の実施状況について

警察から、平成30年中における特定秘密の保護に関する法律に係る適性評価の実施状況について、適性評価の実施件数等の説明がなされた。

訴訟委任と指定代理人の指定について

警察から、訴訟委任と指定代理人の指定について、委任の内容、指定代理人の趣旨等の説明がなされ、審議の上、決裁した。