佐賀県公安委員会

本文へ移動

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す青色に変更する黒色に変更する

language

平成31年3月20日(水)公安委員会定例会

平成31年3月20日(水)に開催した定例会において、佐賀県警察から次の事項について報告・説明があり、これを受けて審議を行いました。

 定例会議の冒頭、委員長が、以下の指示等を行った。

  • 「高校生鍵かけグランプリ」の実施結果について
     先月の定例会で、昨年9月中旬から3か月間にわたって行われた「自転車盗られんばい!高校生鍵かけグランプリ」の優秀校の表彰報告がありました。期間中の自主的な鍵かけ推進活動や各警察署が実施する抜き打ちの施錠率検査の結果が評価され、5校が表彰を受けたものです。1位の神埼清明高校は新聞でも大きく取り上げられ、LINE@の県警あんしん情報でも表彰の模様が発信されていました。自転車の盗難被害は、ここ数年減少していますが、昨年中も616件の被害があっており、その内の約8割が無施錠での被害でした。施錠習慣などの防犯意識の醸成は、短期的な取組で効果が上がるものではないことから、今後もこのような若い世代からの意識付けの取組を継続していただきたい。
  • 外国人対策について
    今月の定例会では、外国人による資格外活動の検挙や県警ホームページにおける翻訳サービスの導入など、外国人に関わる報告を相次いで受けたところですが、先般、県内の外国人数が6,300人余り(今年1/1現在)であり、3年連続10%以上の増加であるとの報道がなされていました。昨秋の全公連でも、コミュニケーション対策や集住地区対策、あるいは犯罪抑止対策の必要性等について意見交換が行われたところです。今後、在留外国人は増え続ける見込みであり、本県でも複数の警察署協議会で話題として取り上げられるなど、県民に身近なものとなりつつあります。県警察としても、引き続き、関係機関との連携を密に図り、保護や共存、そして犯罪抑止の観点からの外国人対策を講じていただきたい。

1.決裁事項

警察署協議会委員の委嘱について

 警察から、警察署協議会委員の委嘱について、概要、根拠等の説明がなされ、審議の上、決裁した。

少年指導委員の委嘱について

警察から、少年指導委員の委嘱について、概要、根拠等の説明がなされ、審議の上、決裁した。

委員が、「今後も、継続的な活動が期待できる方の委嘱に留意していただきたい。」旨の発言を行った。

地域交通安全活動推進委員の委嘱について

警察から、地域交通安全活動推進委員の委嘱について、概要、根拠等の説明がなされ、審議の上、決裁した。 

暴走族相談員の委嘱について 

警察から、暴走族相談員の委嘱について、概要、根拠等の説明がなされ、審議の上、決裁した。 

2.報告事項

平成30年中の児童虐待に係る児童通告について

警察から、平成30年中の児童虐待に係る児童通告について、通告件数、警察の対応等の説明がなされた。

委員が、「関係機関との連携を密に図り、悲惨な事件が起こらないよう十分に配意していただきたい。」旨の発言を行った。

運転免許証有効期間の西暦併記について

警察から、運転免許証有効期間の西暦併記について、背景、表示方法等の説明がなされた。 

初任科短期課程第77期卒業式の挙行について 

警察から、初任科短期課程第77期の卒業式の挙行について、出席者、式次第等の説明がなされた。

委員が、「先日、卒業予定の学生と懇談(昼食会)させていただいたが、元気があり、大変頼もしく感じた。」旨の発言を行った。

3.その他

運転免許の行政処分予定者に対する意見の聴取(聴聞)結果と行政処分について

 警察から、運転免許の行政処分予定者に対する意見の聴取(聴聞)結果と行政処分について、違反概要、量定案等の説明がなされ、審議の上、決裁した。

平成30年度退職警察職員表彰式における公安委員長挨拶について

 警察から、平成30年度退職警察職員表彰式における公安委員長挨拶について説明がなされ、審議の上、決裁した。

交通規制の実施について

警察から、交通規制の実施について、規制箇所、規制内容等の説明がなされ、審議の上、決裁した。