佐賀県公安委員会

本文へ移動

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す青色に変更する黒色に変更する

language

令和元年8月1日(木)公安委員会定例会

令和元年8月1日(木)に開催した定例会において、佐賀県警察から次の事項について報告・説明があり、これを受けて審議を行いました。

 定例会議の冒頭、委員長が、以下の指示等を行った。

  • 公安委員長就任にあたって
    委員就任後5年目を迎え、2回目の委員長となった。1年間よろしくお願いする。県警察の皆さんにあっては、限られた体制の中、めまぐるしい社会情勢の変化に的確に対応し、各種治安対策を講じていただいていることに対して、心から感謝申し上げる。
    今年5月の改元で、新しい令和の時代になったが、日本は、国の形が変わるターニングポイントに差し掛かっているような印象を受ける。先日の全公連代表者会議では、官房長が、日本社会が抱える課題と警察運営の将来展望等について講演をされた。今後、国内では様々な変化や課題が考えられ、これらの諸問題は、緩急を織り交ぜ、時には重層的に共鳴・共振しながら、いろんな形で表れてくると考えられる。ただ、国の形がいかに変化しようが、警察が果たすべき責務には変わりはない。そしてこの責務は、社会の変化に伴い、警察のみならず、自治体や企業などとの連携、あるいは国民との協働などにより、果たしていかなければならない。
    ネットで「警察・変化」と検索したところ、「警察刷新に関する緊急提言」が一番最初に挙がっていた。皆さんも十分御存知だと思うが、20年近く経て、改めて読んでみると、今の時代にも十分にあてはまる、色あせない生き生きとした内容が満載されている。警察組織にとって大切なことは、この「警察刷新に関する緊急提言」に示された原点に立ち返って、もう一度警察改革を断行するという気概だと思う。時代が変わる、国が変わる、これに適応した新しい警察を作り上げる。それが、令和の時代の私たちの責務と感じるところであり、佐賀県公安委員会として、その役割の一旦を担えればと思っている。
  • 犯罪被害の未然防止に向けて
    7月27日から開催された「2019さが総文」は本日で幕を閉じますが、警備に従事された職員については、大変お疲れ様でした。さて、先週の定例会では、今年上半期の犯罪情勢の報告を受けました。県内の刑法犯の認知件数は、平成15年(2003年)をピークに減少しており、今年上半期も前年同期比で更に減少しています。しかしながら、虐待事案やストーカー・DV事案などは増加、若しくは高止まりの状態が続いており、ニセ電話詐欺も、昨年中は水際対策が功を奏し、件数・被害額ともに前年比で減少しましたが、今年に入り、件数は減少しているものの、被害額は既に前年を超えるなど、予断を許さない厳しい状況にあります。今後も引き続き、県民が安心安全を体感できる治安対策をよろしくお願いしたい。
  • 「よかろうもん運転」の根絶を目指して
    今年上半期の交通事故の発生状況は、前年同期比で減少しており、全体で高い割合を占める追突事故も、大きな減少率を示しています。人口10万人あたりの人身交通事故の発生件数はワースト3位であり、依然として厳しい状況には変わりませんが、各種施策や広報啓発活動、更には、街頭指導や取締りの成果は、着実に表れているのではないかと思います。ただ、この減少傾向を維持しながら、ワーストレベルからの脱却を目指すためには、これまでの取組を更に深化させていく必要があります。今後も、これまでの施策や取組の結果を不断に検証しながら、県内ドライバーの意識の中に潜む「よかろうもん」という気持ちを少しずつ「思いやり運転」に変えていき、県内全体の交通マナー向上を図っていただきたい。

1.報告事項

佐賀県警察技能指導官の任命について

警察から、佐賀県警察技能指導官の任命について、技能指導官の要件・職務、技能指導官の任命状況等の報告がなされた。

委員が、「技能指導官に続くような人材の発掘・育成も引き続きお願いする。」旨の発言を行った。

健康アクション・セレクト4の実施について

警察から、健康アクション・セレクト4の実施について、実施目的、実施内容等の説明がなされた。

委員が、「実効性のある取組としていただきたい。」旨の発言を行った。

建造物侵入・非現住建造物等放火事件被疑者の検挙について

警察から、建造物侵入・非現住建造物等放火事件被疑者の検挙について、事案の概要、捜査の経過等の説明がなされた。

委員が、「警察の検挙により、被害関係者の安心感は高まったものと思われる。」旨の発言を行った。

詐欺事件被疑者の検挙について

警察から、詐欺事件被疑者の検挙について、事案の概要、捜査の経過等の説明がなされた。 

佐賀県バス・タクシー協会からの交通安全ミニのぼり旗の贈呈について

警察から、佐賀県バス・タクシー協会からの交通安全ミニのぼり旗の贈呈について、贈呈の趣旨、贈呈式の概要等の説明がなされた。

委員が、「有効に活用していただきたい。」旨の発言を行った。

新装備品「スマートグラス」を活用した災害訓練の実施について

警察から、新装備品「スマートグラス」を活用した災害訓練の実施について、訓練実施の経緯、訓練概要等の説明がなされた。

委員が、「今後も活用範囲や活用方法等について、いろいろと検討していただきたい。」旨の発言を行った。

2.その他

運転免許の行政処分予定者に対する意見の聴取(聴聞)結果と行政処分について

警察から、運転免許の行政処分予定者に対する意見の聴取(聴聞)結果と行政処分について、事案の概要、量定案等の説明がなされ、審議の上、決裁した。

佐賀県公安委員会事務専決状況(平成31年4月~令和元年6月)について

警察から、佐賀県公安委員会事務専決状況(平成31年4月~令和元年6月)について、概要、各課別の状況等の説明がなされた。