佐賀県公安委員会

本文へ移動

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す青色に変更する黒色に変更する

language

令和元年10月17日(木)公安委員会定例会

令和元年10月17日(木)に開催した定例会において、佐賀県警察から次の事項について報告・説明があり、これを受けて審議を行いました。

定例会議の冒頭、委員長が、以下の指示等を行った。

  •  殉職警察官慰霊祭について
    先週、佐賀県殉職警察官慰霊祭に全委員が参列いたしました。佐賀県警察に奉職され、警察官としての強い責任感と使命感の下、職に殉じられた30柱の御霊に対しまして、改めて、その崇高な精神と偉大なる御功績に深謝するとともに、御遺族の皆様に哀悼の意を表したところであります。
    国民の生命、身体及び財産を守ることを責務とする警察職員は、時として危険を顧みず、職務に当たらなければならない場合があります。全国的には、ここ数年、交番や駐在所の勤務員が襲撃されて、殉職される事案が相次いで発生しているほか、大規模な自然災害に伴う人命救助や避難誘導で自らが被災し、命を落とされる事案も発生しています。引き続き、職員の殉職・受傷事故の防止については万全を期していただきたい。
  • 地域安全・暴力追放県民大会の開催について
    先週の金曜日、令和最初の地域安全・暴力追放県民大会に来賓として出席させていただきました。永年に亘り、防犯運動や暴力追放運動に携わってこられた個人や団体に対する表彰等が披露されたほか、「地域で始めよう『ながら防犯』のすすめ」と題した基調講演では、地域住民の連携・協力による地域安全の確保のためのいろいろな取組が紹介されていました。そして、佐賀大学のアカペラサークルと組織犯罪対策課員のコラボレーションによる暴追運動の寸劇を交えたアカペラ演奏は、工夫を凝らした演出がなされ素晴らしいものでした。地域の安全や暴力追放の機運は、今後も県民全体で盛り上げていくことが必要であることから、これからも、関係機関との連携やこれに伴う情報発信に十分に配意していただきたい。

1.報告事項

公文書・個人情報開示請求の取扱状況(令和元年7月~9月)について

警察から、公文書・個人情報開示請求の取扱状況(令和元年7月~9月)について、受理内容、対象となった主な文書等の説明がなされた。

委員が、「公文書の管理・運用は、今後も適切に行っていただきたい。」旨の発言を行った。

永年勤続警察職員表彰式の挙行について

警察から、永年勤続警察職員表彰式の挙行について、日時、式次第等の説明がなされた。

委員が、「警察職員として仕事をしていく上で、節目となる行事であることから、対象職員にあっては、この行事を機会に更なる飛躍を目指していただきたい。」旨の発言を行った。

佐賀北警察署耐震改修工事の実施について

警察から、佐賀北警察署耐震改修工事の実施について、概要、事業期間等の説明がなされた。 

ストーカー・DV事案の取扱状況(令和元年9月末)について

警察から、ストーカー・DV事案の取扱状況(令和元年9月末)について、認知状況、迅速な検挙事例等の説明がなされた。

委員が、「今後も丁寧な対応をお願いする。」旨の発言を行った。

居場所づくり活動の実施結果(令和元年7月~9月)について

警察から、居場所づくり活動の実施結果(令和元年7月~9月)について、実施状況、活動の効果等の説明がなされた。

委員が、「居場所づくり活動に、少年等の保護者が参加することは、非常に良いことなので、今後も続けていただきたい。」旨の発言を行った。

2.その他

運転免許の行政処分予定者に対する意見の聴取(聴聞)結果と行政処分について

警察から、運転免許の行政処分予定者に対する意見の聴取(聴聞)結果と行政処分について、違反の概要、量定案等の説明がなされ、審議の上、決裁した。

公安委員と教育委員の意見交換会の実施要領等について

警察から、公安委員と教育委員の意見交換会の実施要領等について、日時・場所、実施要領等の説明がなされた。