佐賀県公安委員会

本文へ移動

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す青色に変更する黒色に変更する

language

令和元年11月27日(水)公安委員会定例会

令和元年11月27日(水)に開催した定例会において、佐賀県警察から次の事項について報告・説明があり、これを受けて審議を行いました。

定例会議の冒頭、委員長が、以下の指示等を行った。

  •  「犯罪被害者支援フォーラム2019」について
     先週、「犯罪被害者支援フォーラム2019」に出席させていただきました。「犯罪被害者支援の目指す姿」をテーマに行われたパネルディスカッションでは、関係機関の連携には、支援状況の情報共有が必要であることなどが述べられました。また、パネリストの一人として参加された、家族を飲酒運転によるひき逃げ事故で亡くされた御遺族からは、「遺族は抱えきれないほどの大きな判断を迫られ、何をしていいのか分からない。確実な支援を受けられる体制を取って欲しい。」と訴えられるなど、改めて、犯罪被害者等を取り巻く現状や支援の必要性を実感したところです。引き続き、皆さんには、幅広い県民に対して、犯罪被害者等の現状、そして支援の必要性の理解が深まる啓発活動を実施してもらいたい。
  • 安全運転相談ダイヤルの運用について
    前回の定例会では、安全運転相談ダイヤルの運用開始について報告を受けました。各都道府県で個別の電話番号で運用していた運転適性に関する相談窓口を、今月22日から全国的に統一し、国民の認知度と利便性の向上を図ろうというものです。導入の背景には、運転適性に関する相談内容が、身体が不自由な方や一定の病気にかかっている方等に加えて、多様化していることが挙げられます。最近の高齢運転者による事故の多発で、運転継続に必要な助言や講習の案内、また、自主返納制度やこれに伴う各種支援制度の教示など、内容が多岐に亘っています。また、相談件数も増加しています。今後は、県民に対して、広く「♯8080(シャープハレバレ)」の周知を徹底しながら、効果的な運用を図っていただきたい。

1.決裁事項

令和2年佐賀県警察運営指針及び活動重点の策定について

警察から、令和2年佐賀県警察運営指針及び活動重点の策定について、策定方針、策定要領等の説明がなされ、審議が行われた。 

2.報告事項 

苦情の取扱状況(令和元年9月中)について

警察から、苦情の取扱状況(令和元年9月中)について、受理件数、苦情内容等の説明がなされた。

委員が、「引き続き、適正な職務執行や丁寧な市民応接について、職員に対する指導の徹底を図っていただきたい。」旨の発言を行った。

ワークライフバランス講演会の開催結果について

警察から、ワークライフバランス講演会の開催結果について、目的、内容等の説明がなされた。 

「警察学校1泊プレ入校」の開催について

警察から、「警察学校1泊プレ入校」の開催について、目的、内容等の説明がなされた。 

「ながら防犯研修会」の開催結果について

警察から、「ながら防犯研修会」の開催結果について、趣旨、研修内容等の説明がなされた。

委員が、「意義ある研修なので、今後も、よりたくさんの参加者が集まるような開催の工夫を図っていただきたい。」旨の発言を行った。

職務質問競技会の実施結果について

警察から、職務質問競技会の実施結果について、概要、実施結果等の説明がなされた。

委員が、「競技会の内容や結果については、他の職員にもフィードバックし、業務に活かしていただきたい。」旨の発言を行った。

住居侵入・強制わいせつ事件被疑者の検挙について

警察から、住居侵入・強制わいせつ事件被疑者の検挙について、事案の概要、捜査の経過等の説明がなされた。 

安全運転サポート車展示コーナーの開設について

警察から、安全運転サポート車展示コーナーの開設について、目的、概要等の説明がなされた。 

危険運転致傷・道路交通法(事故不申告)違反事件被疑者の検挙について

警察から、危険運転致傷・道路交通法(事故不申告)違反事件被疑者の検挙について、事案の概要、捜査の経過等の説明がなされた。 

「第69回北山26km耐久走」の実施結果について

警察から、「第69回北山26km耐久走」の実施結果について、目的、実施結果等の説明がなされた。

3.その他

佐賀県道路交通法施行細則の一部を改正する規則について

 警察から、佐賀県道路交通法施行細則の一部を改正する規則について、改正理由、改正内容等の説明がなされ、審議の上、決裁した。

信号機の廃止について

 警察から、信号機の廃止について、廃止場所、廃止理由等の説明がなされ、審議の上、決裁した。