佐賀県公安委員会

本文へ移動

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す青色に変更する黒色に変更する

language

令和2年2月13日(木)公安委員会定例会

令和2年2月13日(木)に開催した定例会において、佐賀県警察から次の事項について報告・説明があり、これを受けて審議を行いました。

定例会議の冒頭、委員長が、以下の指示を行った。

  • 児童虐待事案への適切な対応について
    先週の定例会では、昨年中の児童虐待事案に係る児童通告等について報告を受けました。警察から児童相談所に通告した児童数は、平成25年以降、7年連続で増加したということでした。増加の理由としては、全国的に悲惨な児童虐待事案が相次いで発生し、社会的関心が高まっていることや、国の緊急総合対策により、児童相談所と警察との情報共有が明確化されたことなどが挙げられています。児童虐待は、児童自らが助けを求めることが困難であるなど、被害が潜在化しやすく、また、深刻な被害に至る可能性が高い特徴を有しています。今後も、児童相談所などの関係機関との連携を強化していただくとともに、警察を含めた関係機関の職員の対応能力の向上を図り、悲惨な児童虐待事案の未然防止を図ってもらいたい。
  • サイバー攻撃への対処について
    先般、日本の大手企業が、サイバー攻撃を受けた疑いがあるとして、大きく報道されました。インターネットは、国民生活や社会経済活動に不可欠な社会基盤の大きな柱の一つとして定着しています。しかしながら、これを悪用した政府や重要インフラの基幹システムに重大な支障を与えるサイバーテロや先端技術や機密情報の窃取を目的としたサイバーインテリジェンス事案は、国内外で発生しており、サイバー攻撃の脅威は日増しに深刻化しています。県警察においても、自治体や重要インフラ事業者などで構成する「佐賀県サイバーテロ対策協議会」が設置され、対処能力の向上に努められていると承知しています。引き続き、被害の未然防止に向けた情報共有や共同訓練などを通じて、対処能力の向上を図っていただきたい。 

1.報告事項

令和元年度留置施設に対する実地監査の結果について

警察から、令和元年度留置施設に対する実地監査の結果について、監査項目、監査結果等の説明がなされた。

委員が、「各警察署の取組の好事例は、全警察署で共有してもらいたい。」、「留置担当官の業務負担は大きいので、職場環境などへの配慮もお願いする。」旨の発言を行った。 

令和元年度優秀・優良・精励警察職員の表彰について

警察から、令和元年度優秀・優良・精励警察職員の表彰について、受賞者、表彰式等の説明がなされた。

委員が、「職員の表彰は、職員自身の励みにもなるので、積極的な運用をお願いする。」旨の発言を行った。 

監察業務報告について

警察から、監察業務報告について、懲戒処分等の実施状況、非違事案防止対策等の説明がなされた。

委員が、「職員による非違事案に対しては、厳しく対処する必要があるが、兆しを組織的に把握できるような職場環境の構築も日頃から必要である。」、「今後も、いろいろな知恵を出しながら、職員による非違事案防止に取り組んでいただきたい。」旨の発言を行った。 

警察本部予算の概要について

警察から、警察本部予算の概要について、令和元年度2月補正予算案、令和2年度当初予算案等の説明がなされた。

委員が、「佐賀県の安心安全を確保できる、無駄のない予算としてもらいたい。」旨の発言を行った。 

サイバー捜査官の指定について

警察から、サイバー捜査官の指定について、概要、指定式等の説明がなされた。

委員が、「捜査官の計画的な育成に配意してもらいたい。」旨の発言を行った。 

令和元年中におけるサイバー犯罪情勢について

警察から、令和元年中におけるサイバー犯罪情勢について、検挙・相談の推移、対策等の説明がなされた。

委員が、「今後も、捜査能力の向上と広報啓発の二本立ての取組を続けてもらいたい。」旨の発言を行った。 

警察嘱託犬指導手に対する本部長感謝状の贈呈について

警察から、警察嘱託犬指導手に対する本部長感謝状の贈呈について、被贈呈者、功労の概要等の説明がなされた。

委員が、「被贈呈者に対しては、大変御苦労が多い中での活動に対して、心から敬意を表したい。」旨の発言を行った。 

「第60回郡市対抗県内一周駅伝大会」に伴う警察措置について

警察から、「第60回郡市対抗県内一周駅伝大会」に伴う警察措置について、警備体制、警察措置等の説明がなされた。

委員が、「事故等が発生しないよう、緊張感を持って取り組んでもらいたい。」旨の発言を行った。 

空陸連携による「あおり運転」等の取締り結果について

警察から、空陸連携による「あおり運転」等の取締り結果について、概要、実施結果等の説明がなされた。 

県警記者クラブ員の機動隊体験入隊について

警察から、県警記者クラブ員の機動隊体験入隊について、参加予定者、訓練の内容等の説明がなされた。

委員が、「今回の体験入隊を、警察広報に活かしてもらいたい。」旨の発言を行った。