佐賀県公安委員会

本文へ移動

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す青色に変更する黒色に変更する

language

令和2年8月20日(木)公安委員会定例会

令和2年8月20日(木)に開催した定例会において、佐賀県警察から次の事項について報告・説明があり、これを受けて審議を行いました。

定例会議の冒頭、委員長が、以下の指示を行った。

  • 通信指令・無線通話技能の向上について
    8月6日、警察学校において開催された通信指令・無線通話技能競技会を視察しました。想定に基づいて、指令担当者と現場臨場警察官が判明した情報をやりとりする様子は大変迫力がありました。犯人を検挙するためには、無線通話の適否が重要だと思いますので、日頃から事案発生時におけるイメージトレーニングや継続した訓練を行い、通信指令と無線通話の技能の向上を図っていただきたい。
  • 暑さ対策について
    連日全国各地で暑い日が続いています。人命にかかわるような災害レベルの暑さであり、熱中症で亡くなったとの報道もされています。このような気象条件の中でも、多くの警察官の方が、街頭で警察活動に従事されていると思いますが、小まめな水分補給をはじめとした暑さ対策を指示していただき、職員の体調管理に十分配意していただきたい。また、計画的に夏季休暇を取得していただき、体力と鋭気を養っていただきたい。

1.報告事項 

苦情の取扱状況(令和2年6月中)について

警察から、苦情の取扱状況(令和2年6月中)について、受理件数、苦情内容等の説明がなされた。

委員が、「冷静さを欠き不用意な発言をすることは誰しもあることと思うが、ぐっと堪えて一呼吸置き、丁寧な説明に努めていただきたい。」、「若手警察官が熱心さのあまり行った行動が、苦情を招いている事案もあるので、権限がどこまであるのか、しっかりとした指導をお願いする。」旨の発言を行った。

令和2年度県下通信指令・無線通話技能競技会の実施結果について

警察から、令和2年度県下通信指令・無線通話技能競技会の実施結果について、目的、競技内容等の説明がなされた。

委員が、「初めての見学であったが、真摯な取組姿勢に頭が下がる思いであった。さらに練度を上げていただくようお願いする。」、「警察官の技能の高さに感心した。警察業務を知る上で良い経験になった。」旨の発言を行った。

恐喝未遂事件被疑者の検挙について

警察から、恐喝未遂事件被疑者の検挙について、事案の概要、捜査の経過等の説明がなされた。

委員が、「引き続き捜査をお願いする。」旨の発言を行った。

第一生命保険と連携した「地元サラリーマン川柳」の募集について

警察から、第一生命保険と連携した「地元サラリーマン川柳」の募集について、趣旨、テーマ等の説明がなされた。

委員が、「注目度が高いと思うので、この取組を通じて交通事故に対する意識を高められるようにお願いする。」旨の発言を行った。

2.その他

運転免許の行政処分予定者に対する意見の聴取(聴聞)結果と行政処分について

警察から、運転免許の行政処分予定者に対する意見の聴取(聴聞)と行政処分について、事案の概要、量定案等の説明がなされ、審議の上、決裁した。

警察宛苦情対応に関する説明について

警察から、警察宛苦情対応に関する説明について、事案の概要、経緯等の説明がなされた。

退職警察職員に対する公安委員会表彰について

警察から、退職警察職員に対する公安委員会表彰について、概要等の説明がなされ、審議の上、決裁した。

審査請求事案の進捗状況について

警察から、審査請求事案の進捗状況について、経過等の説明がなされ、審議の上、決裁した。

信号機の新設とこれに伴う交通規制の実施について

警察から、信号機の新設とこれに伴う交通規制の実施について、設置場所等、撤去場所の説明がなされ、審議の上、決裁した。