佐賀県公安委員会

本文へ移動

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す青色に変更する黒色に変更する

language

令和2年12月3日(木)公安委員会定例会

令和2年12月3日(木)に開催した定例会において、佐賀県警察から次の事項について報告・説明があり、これを受けて審議を行いました。

定例会議の冒頭、委員長が、以下の指示を行った。

  • 年末・年始に向けた取組について
    12月に入り、今年も残り少なくなってきました。各部門が目標として掲げた取組施策や数値目標の進捗を振り返りながら、一年の総仕上げを図っていただきたい。また、県民が安心して年末・年始を迎えられるよう各種取組を推進していただくとともに、より多くの警察官の姿を街頭に出して事件事故の未然防止を図っていただきたい。
  • 似顔絵捜査官講習会について
    前回の定例会で、似顔絵捜査官講習会について報告がなされました。事件捜査に防犯カメラ等のデジタル技術を活用することは不可欠ですが、事件の目撃者から情報を得ることも重要なことだと思います。何もないところから似顔絵を作成する捜査員の育成は、一朝一夕に出来るものではありませんので、引き続き、本講習会をはじめとした各種施策を推進していただきたい。

1 報告事項

苦情の取扱状況(令和2年9月中)について

警察から、苦情の取扱状況(令和2年9月中)について、受理件数、苦情内容等の説明がなされた。

委員が、「言葉使いなどを気を付けていただくようお願いする。」、「丁寧な声掛けや説明をお願いする。」旨の発言を行った。

高等専門学校生による情報モラル・セキュリティ授業の実施について  

警察から、高等専門学校生による情報モラル・セキュリティ授業の実施について、趣旨、授業テーマ等の説明がなされた。

委員が、「年齢が近い方の授業であるので、わかりやすいのでは。今後も続けていただきたい。」、「スキルとモラルのバランスを考える必要があると感じた。」、「生徒が身近に感じることができる好取組だと思う。それぞれにメリットがあると感じた。」旨の発言を行った。

強制わいせつ事件被疑者の検挙について 

警察から、強制わいせつ事件被疑者の検挙について、事案の概要、捜査の経過等の説明がなされた。

委員が、「とんでもない事件だと思う。被害者のみならず家族のケアもお願いする。」旨の発言を行った。

詐欺・組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反事件被疑者の検挙について

警察から、詐欺・組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反事件被疑者の検挙について、事案の概要、捜査の経過等の説明がなされた。

委員が、「暴力団を撲滅するには、暴力団に協力する者についても撲滅する必要があると思うので、今後も地道な捜査をお願いする。」旨の発言を行った。

安全運転相談の受理状況について

警察から、安全運転相談の受理状況について、受理件数、相談内容等の説明がなされた。

委員が、「非常に良い取組であるので、広く広報をお願いする。」旨の発言を行った。

2 その他

運転免許の行政処分予定者に対する意見の聴取(聴聞)結果と行政処分について

警察から、運転免許の行政処分予定者に対する意見の聴取(聴聞)結果と行政処分について、事案の概要、量定案等の説明がなされ、審議の上、決裁した。

令和3年佐賀県警察運営指針及び活動重点について

警察から、令和3年佐賀県警察運営指針及び活動重点について、修正点等の説明がなされた。

公安委員会宛苦情の調査結果について

警察から、公安委員会宛苦情の調査結果について、事案の概要、措置結果等の説明がなされ、審議の上、決裁した。