子供・女性安全対策係って何?

平成21年4月1日、子どもと女性を性犯罪等の被害から守るため、佐賀県警察本部生活安全企画課に「子ども・女性安全対策班」を設置しました。

「子ども・女性安全対策班」は、子どもと女性を対象とする性犯罪を未然に防止するため、その前兆と認められる「声かけ」、「つきまとい」などが発生した段階で、関係警察署と連携して、早い段階での検挙又は指導・警告を講ずる活動等を行います。

 

画像:前兆事案の発生!(声掛け、つきまとい等)声掛けなど事案の積極的な情報発信。検挙又は指導・警告措置に関する情報発信。自治体、学校、防犯ボランティア団体等との連帯。

どんなことやっているの?

性犯罪の前兆である「声かけ」、「つきまとい」等が発生した段階で、関係する警察署と連携して、早い段階での検挙又は指導・警告を行っています。具体的な、事例は、以下のとおりです。

検挙・指導・警告 

  • イラスト:変質者と女の子数回にわたり、帰宅途中の女性に対してつきまとい行為をした男を割り出し指導・警告
  • 自分の下半身を露出し、女子高生に見せた男を割り出し公然わいせつで検挙
  • 児童の身体に触るなどの性的いたずらをした少年を補導
  • 中学生数人に「女の子紹介したらお金を上げる。」などと声かけをした成人男性を割り出し指導・警告

イラスト:盗撮されそうな女性

ページトップへ戻る