災害警備訓練を実施しました!

平成26年9月3日、佐賀県内で大規模地震が発生し、警察本部と佐賀警察署の庁舎が損壊したとの想定で、機能移転候補先の交通機動隊へ移転し、災害警備本部を設置する訓練を実施しました。
今回の訓練は、防災週間(8/30~9/5)に合わせ、佐賀警察署と初めて合同で訓練を実施しました。

 

1.jpg 2.jpg

 

山口正芳警備部長は、訓練終了後の講評で、「8月20日、広島市では、大雨の影響で同時多発的に土砂崩れが発生し数多くの犠牲者が出るなど、悲惨な大規模災害が発生した。今回の訓練で得られた問題点を今後の災害対策や訓練に反映させるとともに、様々なケースを想定した訓練を実施するなど、今後とも危機意識を持って、県民の安全・安心を確保できるよう災害対策に取り組むこと。」と訓示しました。

 

3.jpg 4.jpg

 

ページトップへ戻る