増田神社例大祭

増田神社例大祭

増田神社とは?

増田神社とは、佐賀県唐津市肥前町高串に建てられている殉職警察官を祀った全国でも珍しい神社です。

増田敬太郎巡査について

増田敬太郎氏は、明治28年に佐賀県巡査を拝命しました。巡査拝命後、佐賀県唐津市入野村高串という地区へ派遣されました。

そこでは当時、コレラが爆発的に流行っており、コレラに怯える住民たちを助けるために増田巡査は防疫活動や亡くなった患者の遺体を一人で埋葬するなど不眠不休で活動されました。しかし、極度の疲労などから体力が著しく低下し、高串に入って翌々日にコレラを発病してしまったのです。「高串のコレラは、私があの世に背負っていきます。」という言葉を言い残し、着任してわずか4日目、25歳の若さで殉職されました。その後、その言葉どおりコレラは終息したそうです。

増田神社例大祭とは?

増田敬太郎巡査の身命を賭して住民の命を救ったという偉業に対する顕彰のため、高串地区の住民の方々によって毎年、開催され、音楽隊も参加しています。

例大祭で演奏する「高串音頭」では、音楽隊の演奏に合わせて地元の方々の踊りや歌、手拍子を頂き、楽しい演奏となりました。 


0727-1.JPG


午前中に行ったパレードでは、演奏とともにカラーガード隊員のフラッグ演技を披露しました。


15,7,26.JPG 15,7,26,2.JPG 15,7,26,3.JPG

 

ページトップへ戻る