嘱託犬指導手に署長感謝状を贈呈しました

 

6月3日、行方不明の高齢女性を発見・保護していただいた佐賀県警察嘱託犬指導手の河野忠敏さんに署長感謝状を贈呈しました。

河野さんは、当署からの捜索要請を受け、佐賀市内を中心に、雨の中、約2時間半にわたって嘱託犬モカとともに捜索活動を実施されました。

市内では発見に至らず、やむなく帰路につく途中の小城市内の路上で、河野さんが行方不明者を発見し、警察に通報するとともに、警察官に引き渡すまでの間、保護してくださいました。

河野さんは平成21年11月に嘱託を受けて以降、行方不明者の発見による署長感謝状を7回、令和元年7月には出動100回の功労を讃え佐賀県警察本部長感謝状を受賞されています。

これまで、指導手としてモカとともに行方不明者を発見していただいたことはありましたが、河野さんご自身が発見したのは今回が初めてのことでした。

河野さんの強い熱意と捜索への使命感が今回の保護に繋がりました。

本当にありがとうございました。


ページトップへ戻る