災害警備訓練の実施

5月21日、昨年の佐賀豪雨の反省教訓を踏まえ、新たに配備した災害用ゴムボートの組立や操作方法、要救助者の救出訓練を行い、署員の対処能力の向上を図りました。

訓練では、局地的豪雨により河川が越水して濁流が集落を襲い、一部の住民が孤立しているとの想定で、ゴムボートで要救助者を救出しました。

   

ページトップへ戻る