メニュー

安全運転管理モデル事業所指定書交付式

無題.jpg

4月3日、白石警察署において、白石地区安全運転管理者協議会の主催により、安全運転管理モデル事業所指定書交付式を行いました。

モデル事業所は、地域における交通安全活動のリーダーとして活動していただくもので、今年度は大町町の株式会社元山クレーン建設が指定されました。

指定書の交付を受けた元山社長は、「職員一丸となり、運転中の携帯電話の使用禁止とシートベルトの着用の徹底を目指す」との安全宣言をされました。

ドライバーの皆さんも、交通ルールとマナーを守り、安全運転に努めましょう。 

ページトップへ戻る