新型コロナウイルス防護服の着脱訓練を実施

武雄警察署では、4月1日、新型コロナウイルスへの感染が拡大している状況を踏まえ、タイベックスーツ(防護服)の着脱訓練を行いました。

署員は、日々刻々と感染が拡大している現状から、「ウイルス感染に聖域はない」との考えの下、緊張感を持って着脱要領を習得しました。

ページトップへ戻る