市民に広がる覚せい剤の恐怖

現在、覚せい剤の乱用が大きな社会問題となっています。
覚せい剤は、最近は、少年や主婦といった、今まで覚せい剤との縁がなかった一般の市民層まで広がり、「第3次覚せい剤乱用期」に突入したといわれています。

「1回だけなら・・・」が恐ろしい悪循環につながります。
覚せい剤の恐ろしさは、何度も繰り返し使用したくなる性質にあります。

イラスト:恐ろしい悪循環/1回くらいならに始まり、疲れがとれた幻覚を感じ、抑うつ地獄となり回数が増える

また、覚せい剤には、

  • 幻覚や妄想を引き起こし、錯乱状態になり、他人を傷つける
  • イラスト:覚せい剤の密売急性中毒となった場合には、意識を失い、脳出血で死亡することもある

などの恐ろしい副作用もあります。

最近では、隠語で「S(エス)」「スピード」とも呼ばれ、外国人等の密売人が、繁華街や駅前などで声をかけたり、携帯電話で注文を受けたりして、街頭で密売する手口も見られます。

覚せい剤の密売人は、

  • 無理なくやせ、スマートになる
  • 頭がすっきりする
  • 嫌なことを忘れられる感じがする

などと普通の薬のようなことを言って、甘い言葉で誘惑の手を延ばしてきます。

家族や友達が覚せい剤に手を出していると思ったら、迷わず相談してください。

覚せい剤に関する相談、お問い合わせは

  • 最寄りの警察署、交番、駐在所
  • 佐賀県警察本部相談室 TEL 0952-26-9110

までお願いします。

 

Q 薬物乱用がいけないと言われていますがどこがいけないのですか?

A 薬物乱用の害は、脳の中枢神経を侵し、神経障害を起こします。

殺人、放火などの凶悪な犯罪を引き起こす原因にもなります。

脳の中枢神経が侵される

薬物の乱用とは、具体的には、イラスト:1回の使用でも乱用とされる薬物

  • 覚せい剤
  • 大麻(マリファナ)
  • ヘロイン、コカイン
  • 向精神薬

等の乱用があります。
これらは、本来の目的以外で使用すれば、たとえ1回の使用でも乱用となり、重大な犯罪となります。
薬物乱用の特徴は、中枢神経を侵して酩酊、幻覚などをもたらし、連用によって依存症が生じ、薬物なしではいられない状態が起こり、異常な精神状態をきたすことです。

最後に残るものは

 さらに、薬物乱用により、過去にも幻覚や妄想により殺人、放火、傷害などの凶悪な事件が発生しています。
薬物乱用によって最後に残るものは、肉体的、精神的な傷害だけでなく、家庭の崩壊、生活の破綻といった悲劇しか残らないのです。

薬物乱用の悪循環(覚せい剤の場合)
イラスト:薬物乱用初期 イラスト:薬物乱用「めちゃ打ち」 イラスト:薬物依存症 イラスト:薬物乱用生活

1.初期の乱用によって耐性が生じ

2.「めちゃ打ち」が始まり

3.依存症が強まり、徐々に異常な行動も目立ちはじめる・・・ 4.生活は完全に薬物中心となってしまう

「ダメ。ゼッタイ。」は薬物乱用防止の合い言葉

ページ上部へ

ごろうくん

佐賀県警察本部

〒840-8540 佐賀市松原1丁目1番16号

TEL 0952-24-1111  詳細地図はこちら

このホームページで公開されている情報の利用に関する著作権・リンクについて【佐賀県警察ウェブサイト利用規約】

警察署トピックス

佐賀南 佐賀北 神埼 鳥栖

小城 唐津 伊万里 武雄

白石 鹿島