佐賀県留置施設視察委員会の活動状況

留置施設視察委員会とは

留置施設視察委員会は、平成19年6月1日に施行された「刑事収容施設及び 被収容者等の処遇に関する法律」第20条に基づき、警察本部に設置された第三者からなる機関で、警察留置施設の運用状況について透明性を高めることを目的としています。

委員会の組織

委員会は、4人の委員(地域住民代表、医師、弁護士、地方公務員)で構成され、佐賀県公安委員会が任命する非常勤の特別職の地方公務員で、その任期は1年間です。

委員会の任務

委員会は、警察からの情報提供、留置施設の視察、被留置者との面接等の方法により、留置施設の運営状況を的確に把握した上で、留置業務管理者(警察署長)に対して、留置施設の運営に関する意見を述べます。

令和2年度の活動概況(令和2年6月1日~令和3年5月31日)

県下の留置施設(7施設)について視察が行われたほか、会議が2回開催されました(第1回目は令和2年7月、第2回目は令和3年5月)。

 

(視察の状況)

 

(会議の状況)

委員会から警察署長へ提出された意見と講じた措置

委員会から2件の意見が提出されました。

意見の概要 講じた措置

留置施設の各居室から掛時計が見えるようにしていただきたい。

全留置施設内の掛時計を各居室から見える位置に設置した。
留置施設内にスプーンを備え付けていただきたい。 全留置施設内に金属製スプーン(手指が不自由な被留置者が使用するもの)を備え付けた。

ページトップへ戻る