認知機能検査の概要

75歳以上のドライバーは免許証更新時に 「認知機能検査」の受検が必要です

現在、高齢ドライバーに安全運転を継続してもらうため、70歳以上のドライバーには、免許証更新時に「高齢者講習」の受講が義務づけられています。

これに加え、75歳以上のドライバーは、高齢者講習の前に認知機能検査を受けることが必要です。

いつまでも安全運転を継続してもらうための高齢者講習

高齢ドライバーは自動車の運転のベテランです。しかし、年齢とともに視力や体力は変化しますので、若いときと同じではなくなってきます。

現在、70歳以上のドライバーには、免許証更新時に「高齢者講習」を受講することが義務づけられています。

これにより、視力や運転操作につき問題がないか診断したり、実際に車を運転したりしながら、自身の運転技能についての認識・理解を深めてもらっています。

75歳以上のドライバーは高齢者講習の前に「認知機能検査」の受検が必要です。

この認知機能検査は、記憶力や判断力を測定する検査で、その結果に応じて、従来よりもきめ細かな高齢者講習を実施します。

認知機能検査と高齢者講習は、免許証の更新期間満了日の6か月前から受けることができますが、それぞれ別の日に受けることになります。

なお、大変混み合いますので、「運転免許証更新講習等のお知らせ」を受領すればすぐに予約申込をしてください。

認知機能検査では、3つの項目で記憶力や判断力を検査します。

認知機能検査は、検査員の説明を受けながら、検査用紙に受検者が記入して行います。検査では、次の 3つの検査項目によって、受検者の記憶力や判断力を判定します。

[検査項目]

1.時間の見当識

検査時における年月日、曜日、時間を答えます。

画像:講習予備検査の内容(時間の見当識)イラスト:予備検査を受ける高齢者

2.手がかり再生

4種類のイラストが描かれたボードが 4枚提示され、検査員の説明を受けながら記憶します。その後、別の作業をはさんでから、先ほど記憶したイラストをヒントなしに回答し、さらにヒントをもとに回答します。

画像:講習予備検査の内容(手がかり再生)イラスト:説明をする検査員

 

3.時計描画

まず、時計の文字盤を描きます。次に、指定された時刻(例:11時10分)を示す針を、その文字盤の上に描きます。

画像:講習予備検査の内容(時計描画)イラスト:時計描画を受ける高齢者

 

検査終了後、採点が行われ、その点数に応じて、

  • 「記憶力・判断力が低くなっている方」
  • 「記憶力・判断力が少し低くなっている方」
  • 「記憶力・判断力に心配のない方」

の 3つの分類で判定が行われます。

検査から採点、結果の通知まで、30分ほどで終わります。

検査結果を踏まえたきめ細かい高齢者講習を行います。

75歳以上の高齢者講習は、認知機能検査の結果によって内容等が変わります。
「記憶力・判断力に心配のない方」と判定された場合は2時間の合理化講習、「記憶力・判断力が低くなっている方」、「記憶力・判断力が少し低くなっている方」と判定された場合は3時間の高度化講習が行われます。

「記憶力・判断力が低くなっている方」と判定された場合、医師の診断を受け、又は主治医の診断書を提出しなければならず、認知症と診断された場合には、運転免許の取消、停止といった行政処分の対象となります。

 

検査において利用する検査用紙、イラスト及び検査の採点方法等は下記をご覧ください。模擬検査を体験することができます。

 

検査用紙(外部リンク)

イラスト(A)(外部リンク)

イラスト(B)(外部リンク)

イラスト(C)(外部リンク)

イラスト(D)(外部リンク)

進行要領(外部リンク)

採点方法(外部リンク)

ページトップへ戻る