面会・差入れに関する留意事項

面会

・面会は被留置者1人につき1日1回で、時間は15分以内です。

・1回の面会につき、同時に面会室に入ることができるのは3人までです。

・未成年者は、保護者の同意がなければ面会できません。

・面会時は、カメラ、携帯電話等の使用はできません。

・留置場内の話や事件に関する話はできません。

・面会時に係員が立ち会います。係員の指示に従わない場合は、面会を打ち切る場合があります。

・感染症防止のため、面会される方の体調確認等をさせていただきますのでご協力お願いします。

差入れ

  • 差入れ回数

被留置者1人につき1日2回(2人)まで

同一人が同じ被留置者に複数回差入れをすることはできません。

  • 差入れできるもの・できないもの

差入れには、形状、数量などの制限があり、保安上支障があるもの、保管ができないもの、検査ができないものは差入れできません。


【差入れできるものの例】

・現金 3万円以内

・衣類 肌着やスウェットなど(3日分程度)

※ 衣類の乾燥に乾燥機を使用するため、縮んだりする場合があります。

・日用品等 書籍(3冊まで)、便せん、封筒など


【差入れできないものの例】

食品、薬(医師が処方したものを含む)、手紙(郵送してください)、石けん、シャンプー、リンス、ティッシュ、生理用品、筆記用具、寝具類など


※ 衣類のうち、紐や金属が付いている(外せない)もの、破れ等のあるもの、極端に体格に合っていないもの、ニット、伸縮性のあるもの、フード付きのもの、ハイネック、タートルネック、ランニング・タンクトップ、ブラジャー、くるぶし丈より長い靴下、ベルトなど施設管理に支障をきたすものは差し入れできません。

※ 日用品等のうち、書き込み、破損等のあるものは差入れできません。

  • 差入れの郵送

差入れを郵送される場合は、事前に各警察署の留置管理課にお問い合わせください。

その他

・「留置されているかどうか」「面会・差入れができるかどうか」について、電話でお答えすることはできません。

・被留置者への伝言は受け付けておりません。

・面会の予約はできません。

問い合わせ

面会や差入れについて問い合わせがある方は、面会や差入れ先となる各警察署の留置管理課にお問い合わせください。

ページトップへ戻る