警察署協議会

警察署協議会とは

警察署協議会は、警察署長が、地域の住民の方々から、警察署の業務運営のあり方や地域の安全に関する意見・要望を聴くための機関で、警察法等の規定により、平成13年6月1日から県下の各警察署に設置されています。


警察署協議会の委員

委員は、各警察署の管轄区域内に居住し、又は勤務地を有する方の中から、佐賀県公安委員会が委嘱し、任期は2年で再任は2回までできる(最長6年)ようになっています。


委員は、警察署の業務運営に関する警察署長からの諮問について協議し、または、地域の安全に関する問題について意見を述べ、警察署長に対して協議会としての答申又は意見書を取りまとめることとなっています。


警察署協議会の運営

各協議会では、年間3~4回の会議が開催されています。
会議では、その警察署の管轄区域内における様々な問題等について、それぞれの立場から意見が述べられています。

警察署協議会代表者連絡会議

令和元年10月17日(木)、県下10警察署協議会の代表者らが一堂に会し、警察署協議会代表者連絡会議が開催されました。

【開催結果の概要】


ページトップへ戻る