音楽隊の紹介

ba-b3.jpg



警察音楽隊の変遷

 佐賀県警察音楽隊は、後の警察音楽隊の先駆けとなる「警楽隊」の名称で、昭和23年4月に九州で初めて創設されました。

 昭和30年6月には、現在と同じ「佐賀県警察音楽隊」に名称を変更。

 昭和42年には隊員の異動等により演奏活動ができなくなり、事実上の解散となりますが、昭和54年8月に再発足しました。

 平成31年には、創設から40周年を迎えることができました。

活動状況

 佐賀県警察音楽隊は、県民と警察を結ぶ音の架け橋として佐賀県の皆さんに親しまれ、愛される音楽隊を目指し、日々活動しています。

 

 警察音楽隊は、現在25人で編成され、隊員のほとんどが警察官です。

 日頃は、警察本部や警察署で業務をしながら、週1回の訓練に励み、小中学校や様々なイベントなどで演奏活動を行っています。

 演奏活動では、お子様から大人の方まで楽しんでいただけるような演奏はもちろん、交通事故防止や防犯についての警察広報も行っています。



  


                



ページトップへ戻る