やむを得ない理由

更新期間中、海外にいた方

住民登録を佐賀県内にされている方の失効手続き

必要な書類

(1)失効した日本の運転免許証
※免許証を紛失した方は、免許取得状況を確認しますので8時30分~8時45分までに受付をしてく

 ださい。


(2)本人確認書類

※身分を証明するもの「健康保険証・パスポート・マイナンバーカード(個人番号カード〈※マイナンバー制度施行時の通知カードを除く。〉)・官公庁が交付した資格証明書・学生証・社員証等」

 

(3)本籍又は国籍の記載がされた住民票

※個人番号の記載がないもの又は個人番号をマスキングしたもの

 

(4)申請用の写真 2枚

※ 規格 縦3.0cm×横2.4cm、申請前6か月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景

 

(5)パスポート(出入国の確認)

※パスポート(以下、「旅券」)には、スタンプ(証印)が押下されているものが必要です。出入国の際に、顔認証ゲート等の自動ゲート(以下、「顔認証ゲート等」)を通過した場合等はスタンプ(出入国記録)が押印されませんので、以下の点に注意してください。

・やむを得ない理由の確認は、旅券に押下された証印、出入国在留管理庁が出帰(入)国記録に係る開示請求を受けて発行する文書等が必要です。
・旅券に押下された証印を用いようとする方は、顔認証ゲート等の通過後、出国手続時には航空機への搭乗前、入国手続時には、税関検査前までに担当職員に申し出て旅券に証印を受けてください。
・出入国在留管理庁が出帰(入)国記録に係る開示請求を受けて発行する文書を用いようとする方については、当該文書の発行までに一定期間を要しますので、やむを得ない理由に基づく失効による手続が可能な期間(帰国した日から1か月以内)の経過に留意してください。
・詳細は、出入国在留管理庁及び出入国手続きを行った地方出入国在留管理庁にお問い合わせください。

 

(6)高齢者講習終了証明書(70歳以上の方)

※ 高齢者講習は、県内の自動車学校で受講できます。申請前に自動車学校へ電話予約が必要です。高齢者講習を受講し、高齢者講習修了証明書を取得後に申請してください。

 

(7)手数料額

※手数料額については、⑶運転免許試験等手数料をご覧ください。 

 

外国に生活の本拠があるなど日本国内に住居登録をしておらず、佐賀県内に一時帰国された方の失効手続き  

必要な書類

(1)上記必要な書類(1)~(6)((3)を除く)


(2)戸籍抄本(本人の戸籍抄本)


(3)居住先(一時帰国先)の筆頭者の本籍が記載された住民票又は筆頭者の運転免許証の写し(免許保有者に限ります)

 

(4)居住証明書(筆頭者が作成したもの。作成日は申請日。)

 

(5)旅券等(住民基本台帳法の適用を受けない方。提示のみ)

※旅券等とは、旅券、外務省の発行する身分証明書又は権限のある機関が発行する身分を証明する書類です。

申請に必要な条件

(1)一時帰国してから1か月以内(日本国に上陸してから)
(2)免許証の効力を失った日から3年以内

居住証明書 記載例(一時帰国者)

居住証明

 

住所  (帰国先の住所) 佐賀県○○市○○町○○番地

     ※マンションやアパートの場合には名称と部屋番号

氏名  (居住先の筆頭者の氏名) ○○○○

続柄  (長男など)○○(筆頭者から見た申請者)

氏名  (申請者の氏名) ○○○○

生年月日 (申請者)○○○○年○○月○○日(○○歳)

申請者は、外国(○○○○)から一時帰国して、現在同居していることに間違いありません。  

 

 

○○○○年○○月○○日

 筆頭者氏名  ○○○○   印

 

居住証明書は、上記記載例を参考にしてください。用紙の大きさは、日本産業規格A列4番です。
詳細については、平日(8時30分~17時15分)
運転免許試験場 TEL 0952-98-2220 内線 412へ、お問い合わせ下さい。

ページトップへ戻る