運転免許証の有効期限が切れた方の手続き


運転免許証の有効期限が切れた方は運転できません。道路交通法違反(無免許運転)になります。



期限切れの手続きができる方

免許証の手続き

  • 運転免許証の有効期限が切れて6か月以内の方
  • 運転免許証の有効期限が切れて3年以内の方でやむを得ない理由がある方

仮免許証の手続き

運転免許証の有効期限が切れて6か月を超え1年を経過しない方

やむを得ない理由(詳細は試験場へ)

  1. やむを得ない理由の方は、理由が終わって1か月以内に手続きをしないと、やむを得ない理由は消滅します。
  2. やむを得ない理由は、有効期限が切れて6か月以内の方も対象となります。

受付時間等

受付

月曜日から金曜日までの平日

(土・日・祝日・国民の祝日に関する法律に定める休日・年末年始(12月29日から1月3日)の休日は実施しておりません。)

時間

午前 8時30分から午前 9時15分まで

必要書類

  • 有効期限が切れた運転免許証
    ※なお、失効免許取得確認のため、午前8時45分までに受付をしてください。
  • 本人確認書類
    ※身分を証明するもの(健康保険証、パスポート、マイナンバーカード〈マイナンバー制度施行時の通知カードを除く。〉、官公庁発行の資格証明書・許可書・免許証・学生証等)が必要です。
  • 本籍又は国籍が記載された住民票(個人番号の記載がないもの又は個人番号をマスキングしたもの) 1 通(佐賀県内の住所) 
    住民基本台帳法の適用を受けない方は、以下の二つの書類が必要です。
    1.本籍又は国籍を証明するもの(日本人は戸籍抄本、外国人はパスポート)
    2.居住証明書(住所設定地に居住されている方の証明及びその方の免許証コピー又は住民票〈個人番号の記載がないもの又は個人番号をマスキングしたもの〉
  • 申請用の写真 2枚 (失効仮免許の方は3枚)
    ※縦3.0cm×横2.4cm、申請前6か月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景の写真。(髪が目にかからないもの、歯が見えていないもの)
  • やむを得ない理由の場合は、その理由を証明する書類(コピー不可)
    ※例 診断書、パスポート、在所証明書等。いずれの場合にも原本が必要です。
  • 高齢者講習終了証明書(70歳以上の方)
    ※高齢者講習は県内の自動車学校で受講できます。申請前に自動車学校へ電話予約が必要です。高齢者講習を受講し、高齢者講習修了証明書を取得後に申請してください。
  • 眼鏡、コンタクト(適性試験に必要な方)

手数料額

 ※ 手数料については、(3)運転免許試験等手数料をご覧ください。


注意事項

失効後の手続きは、免許の更新手続きではありません。新たに免許を取得する手続きです。

大型仮免許又は中型仮免許(8トン限定のものは除きます。)を申請し、取得した方でも、基礎免許(普通一種免許、準中型免許又は大型特殊免許)を取得してからでないと、上位免許は取得できません。

運転免許試験に関するお問い合わせ

TEL 0952-98-2220 へお願いします。 

ページトップへ戻る