追突事故を起こさないために

佐賀県では追突事故による人身交通事故が多発しています。

追突事故は、前をよく見て運転すれば、防ぐことができますが、「車間詰めてよかろうもん」、「合図出さんでよかろうもん」など、交通ルールやマナーを守らないよかろうもん運転も、追突事故の原因となりますので、追突事故を防止するための「みっつの3」運動

  1. 3秒間の「車間距離」
    (電柱や道路標識を目標に前車と安全な車間距離を)
  2. 「3秒・30メートルルール(方向指示器)の徹底
    (進路変更の合図は3秒前、右左折の合図は30メートル手前で)
  3. 3分前の出発
    (心にゆとりをもって安全運転)

を実践し、追突事故防止に努めましょう。

停止距離一覧表
1秒間に進む距離

3秒間に進む距離

(安全な車間距離)

乾燥したアスファルト舗装時における

停止距離

40km/h 11.11m 33.33m 17.33m
50km/h 13.89m 41.67m 24.48m
60km/h 16.67m 50.01m 32.75m

※乾燥したアスファルト舗装時の摩擦係数を0.7、空走時間を0.75秒として計算

※表の各距離は、使用車両のタイヤの摩擦状況や重量、路面状況、運転者の反応速度等により変化します

※速度別停止距離一覧表 (132KB; PDFファイル)
追突②.jpg

ページトップへ戻る