原則ハイビームで交通事故防止

夜間の車の前照灯(ライト)はハイビームが原則です。

照射距離は

  • ハイビーム(上向き)約100メートル
  • ロービーム(下向き)約40メートル

であり、ハイビームはロービームより、約2倍以上の距離を照らすことがでるため、横断歩行者や自転車等を早めに発見することができます。

横断歩行者や自転車等を早めに発見できれば、減速して歩行者や自転車の思わぬ動きを回避することができます。

 ただし、ハイビームは他の車両等を幻惑させるおそれがありますので、前の車の直後を通行しているときや対向車とすれ違うときは、ロービームに切り替えましょう。


無題1.png無題2.png

ページトップへ戻る