キャリアステップ

警察官の昇任は、本人の努力と実力を重視し、競争試験、勤務実績評価による昇任制度を採用しています。

キャリアアップを自分の力で切り拓くことができます。

階級 巡査 巡査長 巡査部長 警部補 警部 警視 警視正
階級章 巡査階級章写真 巡査長階級章写真 巡査部長階級章写真 警部補階級章写真 警部階級章写真 警視階級章写真 警視正階級章写真
職名 係員 指導係員 主任 係長

本部の課長補佐

署の課長など

本部の課長など

署長など

本部の部長など

大規模署の署長

警部までのキャリアアップモデル (平均的な昇任年数による基本給のモデルケース)
階級 巡査 巡査部長 警部補 警部
昇任年数

一般競争試験の平均合格年齢

約30歳

一般競争試験の平均合格年齢

約34歳

一般競争試験の平均合格年齢

約41歳

警察官A

24歳

218,800円

30歳

275,300円

34歳

335,000円

41歳

402,000円

警察官B

20歳

185,500円

30歳

267,500円

34歳

331,700円

41歳

398,500円

  • 平均的な昇任年齢をもとに給与体系から算出したモデルケースです。
  • 基本給以外に、時間外勤務手当、特殊勤務手当、通勤手当、扶養手当などが条件に応じて支給されます。
  • 給与については、人事員会の勧告などに基づいて、改訂が行われることがあります。

採用区分に関わらず、本人の能力、意欲に応じ、公平に上級幹部へ昇任する機会が与えられます。