佐賀県警察

本文へ移動

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す青色に変更する黒色に変更する

language

ホーム相談窓口被害者支援11月25日から12月1日は「犯罪被害者週間」です

11月25日から12月1日は「犯罪被害者週間」です

犯罪の被害にあうということ

 犯罪被害は、被害者のみならず、家族や周囲の人々にも大変な衝撃を与え、日常生活にも影響を及ぼします。被害にあうと、心や体が反応して、

  • 頭の中が真っ白で何も考えられない、ぼぅっとする
  • 恐怖や怒り、不安、無力感、自責感が強くなる
  • 事件のことが頭によみがえる
  • 眠れない、食欲がない
  • 過剰に警戒する

といった不調が起こることがあります。

このような反応や変化は、被害後すぐに現れることもあれば、しばらく経ってから現れることもあり、続く期間にも人によって様々です。

また、考え方や行動にも変化が起こることがあり、

  • 「ほかの人とは、もう違う」と社会からの孤立感が強くなる
  • 外出できない、引きこもりがちになる
  • 趣味など今まで好きだったことをしなくなる

ことから「自分がおかしくなってしまったのではないか」と不安になる人もいます。

このような状況が続いた結果、職を離れざるを得なくなり、経済的に困窮する人もいるのです。

もしも、身近な人が被害にあってしまったら

ある日突然、犯罪の被害にあってしまったら、さまざまな反応や変化が生じることは自然なことです。身近な方から被害を打ち明けられたら、
  • 興味本位で聞かない
  • 被害にあったことを責めずに、気持ちを受け止める
  • 警察に相談するよう勧める
ようにしましょう。

犯罪行為そのものによって生じる心身の被害だけではなく、周囲の人々による心ない言動によって、二次的な被害を受けることがあります。

1.png

警察による犯罪被害者支援
警察では、犯人の逮捕だけでなく、被害者に「手引き」によって刑事手続きの流れなどを説明したり、「被害者連絡制度」により捜査状況などについて情報を提供したりしています。また、被害によって家族を失ったり、怪我や病気になったり、身体に障害が残ったりした場合に給付金が支給される「犯罪被害給付制度」に関する申請も受け付けています。

2.jpg

支える手 寄り添う心 あなたから

 

ページトップへ戻る