猟銃に係る技能講習受講者の皆さんへ

銃砲刀剣類所持等取締法の改正(平成21年12月4日施行)

時間の厳守について

技能講習は、技能講習通知書の受講日時に実施する予定ですので、開始時間前までに余裕をもって受講場所(射撃場)に到着をしておいてください。
(注) 講習時間に遅刻すると講習の修了が認められない場合があります。

散弾銃に係る射撃の科目における射撃方式

  • スキート射撃(佐賀県射撃研修センター、鳥栖散弾銃射撃場)
  • トラップ射撃(佐賀県射撃研修センター)

技能講習受講者が持参するもの

  • 猟銃・空気銃所持許可証
  • 技能講習通知書
  • 受講者の許可猟銃
    • 散弾銃(いわゆる「ハーフライフル銃」は使用不可)~12番以下
    • 大口径ライフル銃、ライフル銃及び散弾銃以外の猟銃(ハーフライフル銃)
  • 上記猟銃に適合する実包
    講習の射撃の科目において必要な実包の数量は、散弾銃の場合25個、散弾銃以外の猟銃の場合20個です。ただし、講習の合間に射撃練習をされる方は上記の他に必要な数量の実包を用意してください。
    • スキート射撃~許可散弾銃に適合する9号以下の散弾実包
    • トラップ射撃~許可散弾銃に適合する3号以下の散弾実包
    • 福岡県立総合射撃場~必ず、実包を持参してください。
      (注) 事故防止のため、受講用の猟銃はあらかじめ薬室及び弾倉内を点検し、分解可能なものについては、分解した状態で容器に入れて持参してください。

技能講習修了証明書の交付時期について

技能講習は、猟銃の操作講習及び射撃講習の修了基準を満たした方のみ修了が認められます。
技能講習修了証明書は、後日、技能講習受講申込書を受け付けた警察署において交付しますので、受領印を持参してください。

 

佐賀県公安委員会 

ページトップへ戻る